2023年2月から本教室は再開します!


 2022年3月で一旦教室活動を停止していましたが、また再開します。


今後は3Dプリンター用のモデル作成を中心に活動しながら、今まで通り


CADや3Dプリンターに関心があり学びたい方へは個別指導を続けます。


物作りの面白さや3DCAD等で創造したものが3Dプリンターで立体表現され


ることの楽しさをお伝えします。

 

教室案内やコース料金などは参考に残しますが、


内容や受講料は受講者の希望に応じ対応します。
  
再開に伴い新しい3Dプリンターを導入しました。
2011年から使用していた3Dプリンターで多くの作品を造形しまし
たが、近年大型で性能が良く造形速度が早いプリンターが多く発売さ
れ、その中で評価の高い「CREALITY社のSermoon D1」を導入しまし
た。造形サイズが280×260×310mmと大きいサイズの造形が可能に
なりました。造形中の音が静かで、速度が通常50mm/sであるのに
対し≦180mm/sまで自分で速度が調節でき早く出力できます。

新しく導入した3Dプリンター Sermoon D1


2024年干支の龍と小槌



 今話題になっているChatGPTの機能を試してみました。Windowsマシンの
Microsoft Edgeの検索Bingには現在
ChatGPTが搭載されていて、「3Dプリンタ
ー用のフリーデータでウサギのファイルを探して」
と入力したら何といくつ
かのフリーデータをすぐに探し出してきました。ほかにもいくつかのデータが
簡単にダウンロードできました。

欧米では10年前から学校教育で3DCGの教育がなされており、沢山のデータが蓄
積されています。データもフリーで提供されています。、

3DCADを深く知らなくても3Dプリンターで作品を出力し楽しむこともできます。





 3Dプリンターは今や2万円台でも充分使える製品が多数発売され、さらに光造形タイプの物
でもかなり手ごろな価格で購入できるようになりましたが、利用者はあまり増えていないようで
す。欧米では小学生のうちから指導がなされていますが日本ではまだ取り組みが遅いようで
す。


そこでもっと身近な道具としての価値をお知らせするのも大切と考え、3Dプリンタで出力した
作品をレジンアクセサリーなどと組み合わせ、物つくりに役立つ作品作りを紹介することにし
ました。


今やネットとに無料でショップを出せる時代、個性ある作品の販売も可能です!
3Dプリンターで出力した小物作品とレジンアクセサリーの作成例

 


置物などの写真から3次元データを

   作成する方法なども指導します。


  携帯電話のカメラで撮影し、
   それを専用ソフトで加工します。 


   

◎ 2次元CAD図面から3次元CAD図面への移行や3Dプリンター用の

  

   3次元モデル制作も 請け負います。


     3Dプリンターで出力            出力後に塗装したもの





   









東和CAD&3Dプリンター教室


2022年4月から2一般の教室形式の指導をやめ、自由な取り組みができるように変更


2020年3月から受講料を改訂しました。詳しくはコース・料金・時間割をご覧ください。

 

8月11日から8月18日は休み


2019年8月 恒例の夏休みこども教室開催します。


2018年9月 9月中の申し込みは入会金無料


2018年7月

  7月8月の夏休み期間は小・中学生を対象とした90分500円のワンコイン3Dプリンター教室を開講します。


2018年6月

    学生の入会金は無料さらに受講料は半額


2018年5月7日

   5月中の申し込みは入会金無料、さらに学生は半額。


2018年2月1日

「東和3DCGデザイン教室教室」から「東和CAD&3Dプリンター教室」に内容と名称変更。